2005年06月07日

マンガ[死神交換イタシマス]

マンガの知識館死神交換イタシマス


死神交換イタシマス(しにがみこうかんいたします)は福山庸治の漫画短編集。1983年3月8日に東京三世社のマイコミックスで発行。



[ 掲載作品 ]


  • 死神交換イタシマス−1981年「マンガ奇想天外」

  • N-size House−1981年「ジャストコミック」

  • Fish out−1981年「マンガ奇想天外」

  • 西武戦線異常なし
    隣人−1981年「増刊漫画アクション」
    ああ日常−1981年「マンガ奇想天外」
    Alone again−1982年「マンガ奇想天外」
    窓際のポッポちゃん−1982年「マンガ奇想天外」

  • オレと魔法使い−1981年「コミックトム」

  • ひとこまらんど
    上記に加え記事

  • リベラル Q&A

  • 全作品リスト

  • 福山庸治全調書

  • 作品後記

  • 解説・萩尾望都

    Wikipediaより引用
  • posted by マンガの知識館 at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年06月06日

    マンガ[さすらいの太陽]

    マンガの知識館さすらいの太陽


    さすらいの太陽』 (さすらいのたいよう) は、すずき真弓原作の漫画作品。1971年にテレビアニメ化された。



    ストーリー

    昭和29年。同じ病院で二人の赤ちゃんが生まれる。一人は大財閥の令嬢、もう一人は下町の貧しいおでん屋の家の娘だった。だが、ひねくれた看護婦の野原美智子は、私怨に二人をすり替えてしまう。成長した令嬢、香田美紀は貧しい岬のぞみをいじめるが、二人は歌手になりたいという同じ夢を抱いていた。



    登場人物


  • 岬のぞみ(声優|CV:藤山ジュンコ)

  • 香田美紀(CV:平井道子)



    漫画




    アニメ




    [ スタッフ ]


  • 原作:すずき真弓、藤川桂介

  • 脚本:雪室俊一、山崎忠昭他

  • 作画:野辺駿夫

  • 演出:林政行他

  • アニメーション製作:虫プロダクション

  • OP主題歌:「さすらいの太陽」スリー・グレイセス、ボーカルショップ

  • ED主題歌「心のうた」堀江美都子


    [ サブタイトルリスト ]

    ・すりかえられた運命
    ・二つの誕生パーティー
    ・盗まれたメロディー
    ・私には歌がある
    ・訪れたチャンス
    ・歌を忘れたカナリヤ
    ・二人のちかい
    ・さよならファニー
    ・あすへの旅立ち
    ・ひびけ!トランペット
    ・泣くな花笠
    ・ふまれた野の草
    ・涙のワンピース
    ・めざせチャンピオン
    ・夕陽にうたえ
    ・海女の特訓
    ・港にこだまする歌
    ・遠い歌手への道
    ・帰ってきたファニー
    ・海に歌えば
    ・のぞみのデビュー
    ・まぼろしの歌手
    ・知らされた秘密
    ・父との別れ
    ・心の友心の唄

    Wikipediaより引用
  • posted by マンガの知識館 at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年06月05日

    マンガ[ガラスの仮面]

    マンガの知識館ガラスの仮面


    ガラスの仮面』は、「花とゆめ」(白泉社)1976年 1 号から連載されている美内すずえの漫画。愛読者の間ではガラカメと呼ばれる。



    物語

    貧しい家庭に育った北島マヤは往年の大女優月影千草に見いだされ女優への道を進む。大女優と映画監督を両親に持つ演劇界のサラブレッド姫川亜弓はマヤの才能を見抜きライバル視する。月影千草が上演権を持つ幻の名作『紅天女』の主役の座をめざし、マヤと亜弓は競い合う。



    劇中劇

    演劇を題材にするだけに、漫画の中で劇が演じられる場面が多く、本作品独特の雰囲気を生み出している。作品中で登場人物たちが演じる劇は、『嵐が丘』『奇跡の人』など著名な作品もあるが、中盤以降は一部を除き美内すずえ自身の手によるオリジナルである。オリジナル劇の内容は、初期にはたんに上演シーンを示すことが目的でその筋立てなどはあまり詳細に語られなかったが、マヤが一人芝居をするようになってから以降は劇中劇がストーリー性をもち、詳細に描写されるようになった。



    派生作品




    [ 舞台 ]

    1988年。* 出演
    北島マヤ…大竹しのぶ
    姫川亜弓…藤真利子


    [ テレビアニメ ]

    1984年4月9日-9月24日、日本テレビ放送網|日本テレビ。全 23 回(ただし第 23 話は総集編であり、実質的には 22 話)。制作はエイケン (企業)|エイケン。* 主な出演(声優)
    北島マヤ … 勝生真沙子
    姫川亜弓 … 松島みのり
    速水真澄 … 野沢那智 / 森功至(第 19 話〜)
    月影千草 … 中西妙子また2005年4月5日より、テレビ東京にて新たな作品として放送が開始される。全51話の予定。制作は東京ムービー。放送時間は毎週火曜日の深夜(水曜日の午前)1:00〜1:30* 主な出演
    北島マヤ … 小林沙苗
    姫川亜弓 … 矢島晶子
    速水真澄 … 森川智之
    桜小路優 … 福山潤
    姫川歌子 … 勝生真沙子
    月影千草 … 藤田淑子


    [ テレビドラマ ]

    1997年、テレビ朝日。テレビドラマ化され放映された。舞台で姫川亜弓を演じた藤真利子が母親役を好演した。* 主な出演
    北島マヤ…安達祐実
    姫川亜弓…松本恵
    速水真澄…田辺誠一
    月影千草…野際陽子 * シリーズ構成
    第 1 シリーズ … 1997年7月7日 - 1997年9月15日(11回)
    第 2 シリーズ … 1998年4月13日 - 1998年6月29日(12回)
    完結編(『ガラスの仮面スペシャル』) … 1999年9月30日* 主題歌
    B'z『Calling』


    [ OVA ]

    1998年から1999年にかけて『ガラスの仮面 千の仮面を持つ少女』(全 3 巻)としてOVA化され、ポリグラムから発売された。* 主な出演(声優)
    北島マヤ … 緒方恵美
    姫川亜弓 … 松井菜桜子
    速水真澄 … 小杉十郎太
    月影千草 … 戸田恵子


    [ラジオドラマ]

    1982年、ニッポン放送の「夜のドラマハウス」で放送された。* 主な出演
    北島マヤ … 信沢三恵子
    姫川亜弓 … 小山茉美
    月影千草 … 平井道子
    Wikipediaより引用
    posted by マンガの知識館 at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年06月04日

    マンガ[きみはペット]

    マンガの知識館きみはペット



    きみはペット』は、小川彌生の漫画作品。2003年、東京放送|TBS系でテレビドラマ化された。2003年、第27回(平成15年度)講談社漫画賞少女部門受賞。



    あらすじ

    長身で美人、頭脳明晰で仕事もできる才色兼備だが、恋に不器用なキャリアウーマン「スミレ」と、奇妙な巡り合わせで飼われることになった、将来あるモダンダンサー「モモ」の共同生活を描いた不思議系ラブコメディ。



    テレビドラマ

    2003年4月から6月までの毎週水曜日22:00〜22:54に放送された。



    [ スタッフ ]


  • 演出:金子文紀、加藤新、高成麻畝子

  • 原作:小川彌生


    [ キャスト ]


  • 小雪 (女優)|小雪

  • 松本潤

  • 田辺誠一

  • 酒井若菜

  • 長塚京三

  • 鈴木紗理奈

  • 渡辺いっけい

  • 山下真司

  • 石原さとみ

  • 瑛太



    外部リンク


  • TBS公式HP
    Wikipediaより引用
  • posted by マンガの知識館 at 10:05| Comment(1) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年06月03日

    マンガ[1ポンドの福音]

    マンガの知識館1ポンドの福音


    1ポンドの福音(いちぽんどのふくいん)は、週刊ヤングサンデー|ヤングサンデー(小学館)に不定期に連載されている、高橋留美子の漫画作品。駆け出しボクサーの青年と若い修道女を中心の人間模様を舞台とした作品で、アニメ化もされている。内容はラブコメディーともスポコンもの(ボクシングもの)とも取れ、かつどちらとも取れない様な作品になっている。



    ストーリー

    ストーリーは試合ごとに区切られ、耕作が対戦相手やその周辺の人物と触れ合ったり自分と戦ったりしながら、試合が終わるまでを1ストーリーとしてそのストーリーが何度か続いていく形式である。1ストーリー毎にテーマが決まっており、読者を飽きさせない。



    登場人物

    ・畑中 耕作
    :ハードパンチャーのプロボクサーだが食欲が旺盛でいつも減量に失敗している根性無し
    ・シスターアンジェラ
    :食欲に負けた耕作がいつも懺悔を聞いてもらいに行っていた修道女|シスター
    ・向田会長
    :耕作の所属する向田ボクシングジムの会長でつねに耕作の心配をしている
    ・修院長
    :シスターアンジェラの修道院の院長だが耕作に「ばあや」と呼ばれ、その度に水をかける
    ・松坂太郎
    :耕作のプロテストの対戦相手 4年の時を経て再びリングにて戦う
    ・来栖正良
    :超高校級と騒がれた「すげえ気の弱い男」



    アニメ

    Wikipediaより引用
    posted by マンガの知識館 at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年06月02日

    マンガ[ココロ図書館]

    マンガの知識館ココロ図書館


    ココロ図書館』(こころとしょかん)は、?木信孝の漫画作品。連載誌は、「月刊コミック電撃大王」(メディアワークス)。アニメ化もされた(黒田洋介(スタジオオルフェ)脚本)。



    あらすじ

    人里離れた山奥にある小さな図書館。
    そこには穏やかで優しい「いいな」。  しっかりものの「あると」。  そして図書館と同じ名前の「こころ」。
    この司書三姉妹と取り巻く人々が織成す、心温まるほのぼのな物語り。



    登場人物

    こころ
    :末っ子。前向きで素直。
    :本を読むのが大好きで、ひめみやきりん先生の大ファン。素敵な司書になるのが将来の夢。(10歳)
    あると
    :次女。しっかりもので料理が得意な眼鏡っ子。
    :姉妹には内緒で「ひめみやきりん」と言うP.Nで少女向け小説を執筆している。(15歳)いいな
    :長女。ココロ図書館の館長代理。
    :少しのほほんとしていているが、姉妹を優しく見守るお母さん代わり。(17歳)



    アニメ




    [概要]

    2001年10月11日25:15より、テレビ東京で放送開始。全13話。
    (1話〜12話はTV地上波、13話のみAT-Xで放送)


    [スタッフ]


  • 原作: ?木信孝

  • 監督: 舛成孝二

  • キャラクターデザイン: 橘秀樹

  • 脚本: 黒田洋介(スタジオオルフェ)

  • 美術監督: 鹿野良行

  • 編集: 松村正宏

  • 音響監督: 菊田宏巳

  • 音楽: 保刈久明

  • 撮影監督: 近藤慎与

  • アニメーション制作: スタジオディーン

  • 製作: ビクターエンタテインメント


    [ 主題歌 ]


  • オープニングテーマ 「ビーグル」
       歌: 山野裕子
       作詞: 岩里祐穂
       作曲・編曲: 宮川弾

  • エンディングテーマ: 「月はみてる」
       歌: 山野裕子
       作詞: 岩里祐穂
       作曲: 熊谷憲康
       編曲: 宮川 弾


    [キャスト]


  • こころ: 斎藤千和

  • あると(PN.ひめみやきりん): 市原由美

  • いいな: 沢城みゆき

  • 岡嶋朱葉(おかじまあかは): 金田朋子

  • 岡嶋みどり(おかじまみどり): 佐々木瑶子

  • 井上ひかり(いのうえひかり): こおろぎさとみ

  • 珠音(しゅね): 坂本真綾

  • 朝倉ひびき(あさくらひびき): 根谷美智子

  • 上沢純(うえざわじゅん): 三木眞一郎

  • 梶原警部(かじはらけいぶ): 立木文彦

  • ファニートータス: 藤原啓治

  • 百千万理恵(ももちまりえ): 冬馬由美

  • 深海みさと(ふかみみさと): 半場友恵

  • 佐伯さらら(さえきさらら): 雪乃五月


    [放映内容]

    :#1 司書になります
    :#2 今の私にできること
    :#3 内緒のきりん先生
    :#4 司書のモットー
    :#5 狙われた図書館
    :#6 コンパロイドの司書
    :#7 こころがいない日
    :#8 お母さんに逢いたい
    :#9 奇蹟
    :#10 図書館がなくなる
    :#11 ジョルディの日記
    :#12 こころあるといいな
    :#13 ココロ図書館の冬(アニメシアターX|AT-Xで放送)



    商品


  • 電撃コミックスEX
    :ココロ図書館1 ISBN 4840218218
    :ココロ図書館2 ISBN 4840219648
    :ココロ図書館3 ISBN 4840221855

  • VIDEO/DVD
    :ココロ図書館VOL.1(DVD#1収録)(VIDEO#1〜4収録)
    :ココロ図書館VOL.2(DVD#2,3収録)(VIDEO#5〜7収録)
    :ココロ図書館VOL.3(DVD#4,5収録)(VIDEO#8〜10収録)
    :ココロ図書館VOL.4(DVD#6,7収録)(VIDEO#11〜13収録)
    :ココロ図書館VOL.5(DVD#8,9収録)
    :ココロ図書館VOL.6(DVD#10,11収録)
    :ココロ図書館VOL.7(DVD#12,13収録)

  • windows専用ソフト
    :コミュニケーションライブラリーココロ図書館(7000本限定)



    関連作品


  • アニメ R.O.D

  • アニメ R.O.D -THE TV-



    外部リンク


  • KoKoSho Style
    Wikipediaより引用
  • posted by マンガの知識館 at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年06月01日

    マンガ[プラネテス]

    マンガの知識館プラネテス


    プラネテス』(ΠΛΑΝΗΤΕΣ) は週刊モーニングに不定期連載中の幸村誠の漫画作品。現在は終了。単行本4巻が講談社より発行されている。宇宙開発によって生まれた宇宙のごみ|スペースデブリ回収業者を主役とし、あまり顧みられることのないスペースデブリ問題を描いたSF漫画。2002年度星雲賞コミック部門を受賞。作者は宮沢賢治の作品を愛好しており、本作品にも多々の影響を与えている。2003年には日本放送協会|NHK BS2でアニメ化もされた。2003年10月4日〜2004年4月17日放送。全26話。NHK教育テレビで2004年7月14日(7月15日)〜2005年1月26日(1月27日)水曜の深夜0:25から再放送された。



    あらすじ

    主人公のハチマキは宇宙で働くサラリーマン。主な仕事は宇宙のゴミ「デブリ」の回収作業。ゴミ拾いは大事な仕事だと自分を納得させつつ、当初の夢と現実の狭間でこのまま現実を受け入れるか、それとも夢を追い求めるか思い悩む。



    原作とアニメ版の違い

    アニメ版『プラネテス』は、田名部愛が第1話から準主役として登場し、原作では一エピソードに過ぎなかった宇宙防衛戦線との闘争をクライマックスに持ってくるなど、原作からの大幅な改変が加えられている。また、アニメ版では星野八郎太が木星に出航する場面で最終回を迎えているが、原作では木星に到着するまでが描かれている。その一方で、原作第7話の「タナベ」がアニメ版第3話「帰還軌道」として、原作第2話の「地球外少女」が同タイトルのままアニメ版第7話に使われるなど、幾つかのエピソードでは原作のストーリーが再現されている。原作第14話「おとこのコとおんなのコ」に登場する宇宙人が、アニメ版ではテクノーラ社のマスコットキャラクターとなっている。



    主な登場人物




    [ 原作・アニメ版共通の登場人物 ]


  • 星野八郎太(CV:田中一成) - 通称「ハチマキ」

  • 田名部愛(CV:雪野五月)

  • フィー・カーマイケル(CV:折笠愛)

  • ユーリ・ミハイロコフ(CV:子安武人)

  • 星野ゴロー(CV:飯塚昭三)

  • 星野ハルコ(CV:藤田淑子)

  • 星野九太郎(CV:保志総一朗)

  • 田名部耕二 (CV:なし)

  • 田名部由加里 (CV:なし)

  • ウェルナー・ロックスミス(CV:石塚運昇)

  • ノノ(CV:こおろぎさとみ)

  • ハキム(CV:大友龍三郎)

  • 男爵 (CV:なし)


    [ 原作のみに登場する人物 ]


  • ロキシー・シンプソン

  • サンダース大佐

  • シン・ヤマガタ

  • カナ・ヤマガタ

  • アルバート・カーマイケル

  • ロイ・ブライアント

  • ラモン博士


    [ アニメ版のみに登場する人物 ]


  • フィリップ・マイヤーズ(CV:緒方愛香)

  • アルヴィンド・ラビィ(CV:後藤哲夫)

  • エーデルガルド・リヴェラ(CV:伊藤舞子)

  • ドルフ・アザリア(CV:加門良)

  • クレア・ロンド(CV:渡辺久美子)

  • カオ・チェンシン(CV:檜山修之)

  • リュシー・アスカム(CV:倉田雅世)

  • ギガルト・ガンガラガッシュ(CV:若本規夫)



    ストーリー




    [ 原作 ]


  • 1話「屑星の空」

  • 2話「地球外少女」

  • 3話「ささやかなる一服を星あかりのもとで」

  • 4話「ロケットのある風景」

  • 5話「IGNITION−点火−」

  • 6話「走る男」

  • 7話「タナベ」

  • 8話「サキノハカという黒い華〈前編〉」

  • 9話「サキノハカという黒い華〈後編〉」

  • 10話「惑う人達」

  • 11話「СПАСИБО」

  • 12話「夜の猫」

  • 13話「風車の町」

  • 14話「おとこのコとおんなのコ」

  • 15話「却来の日」

  • 16話「ハチマキ」

  • 17話「友達100人できるかな」

  • 18話「グスコーブドリのように」

  • 19話「犬の日々」

  • 20話「飼犬」

  • 21話「少女と負け犬」

  • 22話「泣く犬」

  • 23話「走る犬」

  • 24話「吼える犬」

  • 25話「光の速さで45分」

  • 26話「What a Wonderful World」

  • 番外編「赤い星、白いタマ」


    [ アニメ版 ]


  • 1話「大気の外で」

  • 2話「夢のような」

  • 3話「帰還軌道」 (原作7話「タナベ」)

  • 4話「仕事として」

  • 5話「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」

  • 6話「月のムササビ」

  • 7話「地球外少女」 (原作2話「地球外少女」)

  • 8話「拠るべき場所」

  • 9話「心のこり」

  • 10話「屑星の空」 (原作1話「屑星の空」)

  • 11話「バウンダリー・ライン」

  • 12話「ささやかなる願いを」 (原作3話「ささやかなる一服を星あかりのもとで」)

  • 13話「ロケットのある風景」 (原作4話「ロケットのある風景」)

  • 14話「ターニング・ポイント」

  • 15話「彼女の場合」

  • 16話「イグニッション」 (原作5話「IGNITION−点火−」)

  • 17話「それゆえの彼」 (原作6話「走る男」)

  • 18話「デブリ課、最期の日」

  • 19話「終わりは いつも…」 (原作8話「サキノハカという黒い華〈前編〉」)

  • 20話「ためらいがちの」 (原作8話「サキノハカという黒い華〈前編〉」)

  • 21話「タンデム・ミラー」 (原作8話「サキノハカという黒い華〈前編〉」)

  • 22話「暴露」

  • 23話「デブリの群れ」 (原作9話「サキノハカという黒い華〈後編〉」)

  • 24話「愛」 (原作9話「サキノハカという黒い華〈後編〉」)

  • 25話「惑い人」 (原作11話「СПАСИБО」・15話「却来の日」)

  • 26話「そして巡りあう日々」 (原作16話「ハチマキ」)
    (  )内は原作での話数とタイトルです、あくまで目安であり登場人物や展開が一部違います。



    外部リンク


  • PLANETES Web - プラネテス公式ホームページ

  • NHKアニメワールド:プラネテス
    Wikipediaより引用
  • posted by マンガの知識館 at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。