2005年12月03日

マンガ[ゴーマニズム宣言]

マンガの知識館ゴーマニズム宣言



ゴーマニズム宣言』(ごーまにずむせんげん)、『新・ゴーマニズム宣言』は小林よしのりの主張をともなった漫画である。世間における問題を指摘し、最後に「ごーまんかましてよかですか?」というキメ台詞とともに小林の主張を読者や社会にぶつける。漫画という敷居の低い表現手段で、また、読むものを圧倒するような強い絵で訴えるため、読者の共感や反感を得やすく、常に論議の的になっている。



変遷


  • 1992年 『月刊宝島』に連載した『おこっちゃまくん』を元に、扶桑社の『SPA!』で、1月22日号より『ゴーマニズム宣言』を開始。社会に切り込む内容で反響を呼んだ。

  • 1989年に起きた坂本堤弁護士一家失踪事件では、漫画上でオウム真理教を激しく追及。これに対しオウム真理教はVXガスによる暗殺を試みるが、失敗に終わる。

  • 1993年 皇室を扱った回の表現をめぐってSPA!が掲載を拒否。ガロ (雑誌)|ガロ9月号に掲載される。

  • 1995年 『SPA!』誌上でのオウム真理教の扱いをめぐり、つる師一彦|?師一彦編集長や宅八郎、松沢呉一らと対立。『SPA!』での連載を8月2日号をもって終了し、小学館『サピオ|SAPIO』で9月27日号より『新・ゴーマニズム宣言』を開始する。宅は扶桑社の意向で小林批判を自粛させられるが、切通理作を批判する中で、プライバシーを侵害したと切通の抗議を受け、連載が打ち切られた。宅は連載打ち切りに小林の圧力があったと批判した。一方、小林は『SPA!』連載分の単行本版権を扶桑社から引き上げ、双葉社に移した(文庫版は幻冬舎)。

  • 薬害エイズ問題では一時期「HIV訴訟を支える会」代表に就任し精力的に活動。訴訟自体は厚生省(現厚生労働省)の全面謝罪により勝訴するが、その後、運動に協力した学生ボランティアが日常に戻らず市民活動家になる事を危惧して発した警告が元でトラブルとなる。「ボランティアの役目は終わった。後はプロフェッショナルの仕事であり、君達はプロになるためにもっと勉強をするべきだ」と学生の日常への復帰を求める小林に対し、支える会を支援していた各団体より「ボランティアの役目は永遠に終わらない、二度と悲劇が起こらないよう行政をボランティアの目から監視すべきだ」とのメッセージが発される。ボランティアと市民活動に対する考えの違い、何よりその後両者進む政治的活動の思想が違い、対立に至る。小林は引責と学生達に範を示すために代表を辞任する。

  • 歴史教科書問題では、「新しい歴史教科書をつくる会」に参加。自らも教科書の内容を執筆、漫画上でも克明に作業ややりとりについて記した。だがその後、つくる会が宗教団体「キリストの幕屋」と密接な関係にありその活動が宗教活動に及びだした、などの理由で脱会。

  • 『新ゴーマニズム宣言スペシャル・台湾論|台湾論』は中国語版が台湾で発売され、賛否両論を巻き起こした。その結果著者は、台湾当局により入境禁止とされたが、処分は約20日間で解かれた。

  • イラク戦争ではアメリカ追従の言論人を批判し、独立自尊の精神を持てと主張している。それにより親米派が大半である保守系右派の言論人と袂を分かちかつての仲間を攻撃対象に変え、かつての論敵と接近している。



    書籍


  • ゴーマニズム宣言 全9巻

  • 新・ゴーマニズム宣言 1〜14

  • ゴーマニズム宣言・差別論スペシャル ISBN 4877286225

  • ゴーマニズム宣言スペシャル・脱正義論 ISBN 4877281282

  • 戦争論 (小林よしのり)|新ゴーマニズム宣言スペシャル・戦争論 ISBN 4877282432

  • ゴーマニズム宣言スペシャル・「個と公」論 ISBN 4877289550

  • ゴーマニズム宣言スペシャル・台湾論 ISBN 409389051X

  • ゴーマニズム宣言スペシャル・戦争論2 ISBN 4344001311

  • ゴーマニズム宣言スペシャル・戦争論3 ISBN 434400356X

  • ゴーマニズム宣言スペシャル・よしりん戦記 ISBN 4093890544

  • ゴーマニズム宣言EXTRA 1 ISBN 4344006593

  • ゴー外!! 1 ISBN 4776201887

  • ゴーマニズム宣言スペシャル・沖縄論 ISBN 4093890552

    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
  • posted by マンガの知識館 at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:


    この記事へのトラックバック
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。