2005年12月18日

マンガ[あたしンち]

マンガの知識館あたしンち



『あたしち』は、けらえいこ原作の漫画|マンガ作品およびそれを原題としたテレビアニメ作品である。読売新聞の日曜版に1994年6月から連載されている。高等学校|高校生の少女である「あたし(みかん)」の家族を中心に繰り広げる日常的な出来事(特に、お母さんの強い個性に起因する「あたし」との衝突)をユーモラスに描き、幅広い世代の読者に好評を博した。1996年には文春漫画賞を受賞。2002年アニメ化、2003年アニメ映画化。



概要

基本的に、各話は等しい大きさの長方形23コマで構成される。コマは4コマ漫画を並べたように配置されるが、起承転結を繰り返すわけではなく23コマ全体で一つの挿話となる。描線は極めてシンプルで、4色刷りの紙面を生かした暖色系の中間色で彩色される。登場人物は2頭身強にデフォルメされた姿で描かれ、喜怒哀楽の感情表現が豊か。一家は、湯上りで全裸ばかりという無口で無関心な父、半魚人のような顔をしておりいつも歌を歌っていて性格がいいかげんでケチな母、地味で平凡・少しドジな高校生のあたし(みかん)、シャイで恋などには疎いが一家の中で一番しっかりとした性格をしている中学生の弟ユズヒコ(通称:ユズ)の核家族構成。他にもそれぞれ違ったアクセントを持つたくさんのキャラクターたちが活き活きと描かれている。
ちなみにテレビアニメの中でこの一家は西東京市田無の在住という設定となっており、最寄り駅である田無駅をはじめ、西武線や西武バス、西東京市のコミュニティバスはなバスなどが作中でも忠実に再現されている。テレビアニメ化の案は以前から挙がっていたそうだが、原作が読売新聞で連載されていたのに対し、放送局が朝日新聞の資本(テレビ朝日)だったことから、実現には時間がかかったのだそう。2003・2004年には、経済産業新報社の「3R推進月間」ポスターのイメージキャラクターにもなった。現在、韓国・台湾でも放送されている。台湾題名は「我們這一家」(母は花媽、父は花?、みかんは橘子、ユズヒコは柚子)。韓国名は「????(アッタマムマ)」。



テレビアニメ

2002年4月19日から2004年9月まではテレビ朝日系列(金曜19:30〜19:54)及びTBSテレビ系列のチューリップテレビ(富山)でアニメが放映されていた。また、2003年には映画化され、母とみかんの入れ替わりをテーマにした『映画 あたしち』が上映された。

  • 2005年4月から放送時間が各地域別々の時間(所謂ローカルアニメ枠)に変更された(新放送時間は下記を参照)


    [各地の放送時間]

    (2005年5月19日〜)

















    地域 放送局 放送曜日と時間 時間差
    関東広域圏 テレビ朝日 毎週土曜 あさ11時20分〜11時45分
    北海道 北海道テレビ放送|北海道テレビ 毎週土曜 あさ7時00分〜7時25分 4時間20分先行
    秋田県 秋田朝日放送 毎週水曜 夕方4時00分〜4時25分 遅れ
    宮城県 東日本放送 毎週木曜 夕方4時30分〜4時55分 5日遅れ
    山形県 山形テレビ 毎週木曜 夕方4時30分〜4時55分 12日遅れ
    静岡県 静岡朝日テレビ 毎週土曜 あさ6時00分〜6時30分 14日遅れ
    長野県 長野朝日放送 毎週土曜 あさ9時55分〜10時20分 1時間25分先行
    石川県 北陸朝日放送 毎週日曜 あさ6時35分〜7時00分 8日遅れ
    近畿広域圏 朝日放送 毎週土曜 あさ6時00分〜6時25分(2005年6月25日のみ朝5時20分〜5時45分) 5時間20分先行
    山口県 山口朝日放送 毎週土曜 あさ6時06分〜6時30分 7日遅れ
    愛媛県 愛媛朝日テレビ 毎週金曜 あさ5時20分〜5時45分 13日遅れ
    大分県 大分朝日放送 毎週土曜 あさ11時15分〜11時40分
    5分先行
    鹿児島県 鹿児島放送 毎週金曜 夕方4時36分〜5時00分 6日遅れ
    沖縄県 琉球朝日放送 毎週土曜 あさ6時00分〜6時25分 7日遅れ


  • 青森朝日放送、岩手朝日テレビ、山形テレビ(現在は放送中)、チューリップテレビ、長崎文化放送、熊本朝日放送の6局は2004年9月の時間移動の際に放送終了(打ち切り)となった。(ボボボーボ・ボーボボ参照)

  • 福島放送、新潟テレビ21、名古屋テレビ放送|名古屋テレビ、広島ホームテレビは2005年3月を持って打ち切りとなり、瀬戸内海放送、九州朝日放送も2005年4月2日で打ち切りとなった。*山形テレビは、2005年5月19日から放送を再開した。


    [ キャスト ]


  • 父(声優|CV:緒方賢一)

  • 母(CV:渡辺久美子)

  • みかん(CV:折笠富美子)

  • ユズヒコ(CV:阪口大助)

  • 水島(CV:愛河里花子)

  • 理容師(CV:秋元羊介)

  • しみちゃん(清水)(CV:的井香織)

  • ユカリン(CV:池澤春菜)

  • 浅田(CV:浅井晴美)

  • 理央(CV:大本眞基子)

  • 梶井(CV:梶田夕貴)

  • 新田(CV:森田チアキ)

  • 吉岡(CV:沼田祐介)

  • 岩木(CV:緑川光)

  • 村上先生(CV:太田真一郎)

  • 藤野(CV:山口勝平)

  • 川島(CV:水田わさび)

  • 須藤(CV:氷上恭子)

  • 石田(CV:小桜エツ子)

  • 次回予告アナウンサー(CV:萩野志保子(テレビ朝日アナウンサー))* 野原しんのすけ(クレヨンしんちゃんより CV:矢島晶子)
       当初のテレビ朝日での放送時間帯に『クレヨンしんちゃん』が放送していた為、『クレヨンしんちゃん』と『あたしンち』でのコラボし、母としんちゃんが交互に共演していた。今では『クレヨンしんちゃん』と『あたしンち』のアニメスペシャルの時に共演している。ちなみに共演シーンとしてはタチバナ家にしんちゃんが訪れに来て母と話したり、春我部駅で母がしんちゃんに会ったり、など。:余談:母とユズヒコのキャスティングに関しては、一部のガンダムファンの間で、機動戦士Vガンダムの主人公、ウッソ・エヴィンと、彼と因縁深いカテジナ・ルースが同じ家族となって共演していると言うことが話題になったこともある。因みに放映時間と放映年は違うものの、同じテレビ朝日の金曜日に放送されていた。


    [主題歌]




    [歴代オープニングテーマ]


  • 初代: キンモクセイ (バンド)|キンモクセイ「さらば」2002年4月19日〜
    :ちなみに映画版及びスペシャル版では同曲「さらば」を母役の渡辺久美子とみかん役の折笠富美子が歌った。


    [歴代エンディングテーマ]


  • 初代: 平山あや「来て来てあたしンち」2002年4月19日〜 (威風堂々1番の替え歌)

  • 期間限定:矢野顕子「あたしンち
    :(映画の放送開始初期にエンディング曲になったが、後期頃になると元に戻りビデオなどでも
    :初代エンディングに差し替えられている。)



    母の鼻歌

    作品中で母が歌う鼻歌は商品化こそされていないが、「情熱の赤いバラ」(作詩・けらえいこ 作曲・増田俊郎)としてJASRACにも登録されている立派な楽曲である。



    関連項目


  • ファミリー・一般向けアニメ




    外部リンク


  • あたしンち』アニメ版公式サイト(テレビ朝日)


    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
  • posted by マンガの知識館 at 03:31| Comment(1) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    母の鼻歌 見つけました
    CD Let's Go! あたしンち の中の2曲目に収録されてました(3曲しか入っていないみたいですが・・・・)。  皆さんご存知だったかもしれませんが・・・  偶然見つけたもので嬉しくて書き込みしてしまいました。
    Posted by mpv2300 at 2007年06月24日 19:45
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:


    この記事へのトラックバック
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。